1. ホーム
  2. 薄毛治療の疑問
  3. ≫薄毛対策にタバコは止めるべきか?

薄毛対策にタバコは止めるべきか?

煙草

喫煙の習慣のある人は、ニコチンの作用で血流が悪くなってしまうため、薄毛の原因になってしまいます。

喫煙による酸素不足

喫煙をすると、一酸化酸素が発生するため、頭皮に必要な酸素が不足してしまい、血流が悪くなる原因になってしまうので、髪の毛の成長に悪影響が出てしまいます。

※一酸化酸素は酸素と結合して二酸化炭素になろうとするので体内の酸素を奪います。

喫煙によるビタミン不足

髪の毛にはたんぱく質で作られていますが、健やかな髪の毛を育てるためには、ビタミンやミネラルが必要です。

喫煙の習慣があると、髪の毛の成長に必要なビタミンやミネラルが壊れる原因になるので、栄養不足になり、髪の毛が細くなったり、抜けやすくなるので、なるべく本数を減らしたり、禁煙を心掛けるようにして下さい。

薄毛と喫煙との向き合い方

きちんとヘアケアをしていても、喫煙の習慣があると、健やかな髪の毛を育てるのは難しくなります。

しかし、禁煙に対して強いストレスを感じるのであれば、そのストレスもまた薄毛の原因になってしまいます。

薄毛治療では精神的なケアも重要な課題ですので、タバコの習慣については医師にしっかりと相談する様にしましょう。

top_botton2 土・日・祝日もOK
今なら無料カウンセリングが使えます。