1. ホーム
  2. お役立ち
  3. ≫薄毛と睡眠時間の関連性

薄毛と睡眠時間の関連性

睡眠

髪の毛や爪などは、自然と日々伸びています。
これらの形成に大切な役割を担っているのが、成長ホルモンです。
成長ホルモンが多く分泌されれば、そのぶん丈夫な髪の毛が生え、その状態を保つことが出来ます。

しかし、分泌が少ないと抜け毛が増え、薄毛になりやすくなってしまいます。

良く聞く睡眠のゴールデンタイムについて

成長ホルモンは、主に睡眠時に多く分泌され、午後10時~午前2時の間が1日のうち分泌のピークとされています。

普段から睡眠不足と感じていて、最近薄毛に悩み始めた人は、その原因に睡眠時間が関わっている可能性も考えられるため、意識的にいつもより睡眠を多くとってみるのもよいでしょう。

また、睡眠をきちんととることは、体の疲労回復だけではなく心の疲労回復にも繋がります。

薄毛の原因でもあるストレスを取り除くことが出来る

日中に受けたストレスやダメージを睡眠でうまく取り除くことによって、髪の毛だけではなく頭皮にも良い影響を与えます。
大人になると、成長ホルモンの分泌はどうしても減ってしまうため、特に規則正しい生活、睡眠を心がけることが大切です。

top_botton2 土・日・祝日もOK
今なら無料カウンセリングが使えます。