1. ホーム
  2. 薄毛治療の疑問
  3. ≫薄毛治療 飲み薬の種類とそれぞれの目的

薄毛治療 飲み薬の種類とそれぞれの目的

薄毛治療 飲み薬の種類

AGAが原因で薄毛になっている場合は飲み薬を用いて対策をします。

プロペシア(フィナステリド)

プロペシア

中でも代表的な存在になっているのがプロペシアです。プロペシアは最もポピュラーな飲み薬であり、正規治療薬として扱われています。

この薬はフィナステリドと呼ばれる成分が配合されていますが、AGAの原因になっている脱毛物質を増加させないようにする為の働きがあるのが大きな特徴です。服用をすることで脱毛を予防することができ、また、脱毛物質が抑制されることによって正常に毛髪が育つようになります。

症状が軽度の場合ですとプロペシアのみで回復させることも可能です。

ただし、プロペシアには発毛作用がありません。その為、症状が重い場合ですと効果としては低くなり、単独での薄毛治療ですと回復が難しくなってしまうこともあります。その場合はロゲインなどの発毛剤を併せて活用することで回復を促すことが可能です。

ロゲイン(ミノキシジル)

ロゲインは外用薬であり、一般的な育毛剤同様に頭皮に塗布して使用します。ロゲインはミノキシジルという成分を配合しているのが特徴ですが、血管を拡張させて血液の流れを良くする働きを持っています。発毛効果が臨床試験でも確認されていますので、れっきとした医薬品の発毛成分です。

ジェネリック医薬品について

finasterid

薄毛治療は主に、プロペシア、ロゲイン等の、フィナステリド・ミノキシジルを含む薬を用いて行いますが、その他にも飲み薬の選択肢としてフィンペシア、エフぺシア、フィナロなども利用することができます。

これらの飲み薬はジェネリック医薬品ですが、プロペシア同様にフィナステリドを配合しています。

その為、効果に関しては同一とされていますが、ただ添加物に違いがありますので、効果の出方に違いがあったり副作用にも相違点が見られることがあります。
ジェネリック品は安価に購入できるのが強みです。プロペシアと比較すると安く買うことができる為、治療費用を抑えたい時に適しています。

しかしながら前述したように効果や副作用に違いがある為、相違点をよく理解した上で活用しなければいけません。

必ず、担当医師と相談の上、ご自身の体質に対してリスクの少ないものを選ぶ様にしましょう。

 

top_botton2 土・日・祝日もOK
今なら無料カウンセリングが使えます。