1. ホーム
  2. 薄毛治療の疑問
  3. ≫薄毛治療 男性・女性の治療方針の違い

薄毛治療 男性・女性の治療方針の違い

男女

薄毛は男性の悩みと思われがちですが、女性でも悩んでいる人は多くいます。

とはいえ、男性と女性では薄毛の症状や原因が違います。

男性の薄毛はまず生え際や頭頂部の髪が薄くなり、場合によっては抜けてしまうのが特徴なのに対し、女性の薄毛は髪全体が薄くなり地肌が透けて見えるようになります。

男性の場合

男性の場合はAGAと呼ばれる男性ホルモン起因の薄毛が大半です。

AGAの仕組み

単体だと問題の無い男性ホルモンのテストステロン(TS)が5aリダクターゼと反応することで、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンに変わることで、脱毛症状が起こります。

男性の薄毛治療は、この5aリダクターゼの働きを阻害することで、ジヒドロテストステロン(DHT)を生み出さないようにすることがメインになります。

プロペシアという薬で、AGAの進行を抑えつつ、ミノキシジルという発毛剤で毛髪を再生していくことが、医学的にも根拠の認められた治療方針になります。

女性の場合

女性の場合、更年期以降閉経などによって女性ホルモンが減少することによって男性ホルモンの働きが優位になり、結果として薄毛が進むことがあります。

女性版のAGAということで、FGAという呼び方がされています。

女性の場合は医薬品・サプリメント等で、性ホルモンのバランスを整えるように治療を進めていきます。

また、発毛効果の認められたミノキシジルが合わせて使われることもあります。

薄毛の原因は様々なので治療法も人の数だけあります。

なお、男性にしても女性にしても、原因は個人によって様々である為、一概に案内をすることは難しいです。

薄毛治療の専門の医療機関では、カウンセリング・診察・検査によって個人の原因を突き止め、その原因に合わせた治療を行っています。

薄毛でお悩みの場合には、専門の医療機関でカウンセリングを受け、アドバイスだけでも受けておくことが無難と言えます。

 

top_botton2 土・日・祝日もOK
今なら無料カウンセリングが使えます。