1. ホーム
  2. お役立ち
  3. ≫AGA治療と「かつら」の違い

AGA治療と「かつら」の違い

かつら

専門医療機関でAGA治療を行うか、「かつら」をつけるかの違いを、

それぞれのメリット、デメリットと照らし合わせて紹介いたします。

かつらのメリットデメリット

かつらのメリットとしては、取り付けるだけですぐに見た目の変化が実感できることです。
かつらのデメリットとしては、「周りからバレて笑われているのではないか」という不安から精神的に不安定になる方が多く、かつらを装着することで頭皮が蒸れてしまうことで、薄毛が進行してしまうことにあります。

また、どうしても自分の髪の毛ではない為に不自然になってしまうものです。

費用面についても、目立たないかつらを購入しようと思ったら100万円違い費用が掛かるだけでなく、白髪が増えてくるに従って馴染むものを買い換えなければならないというものが上げられます。

AGA治療のメリットデメリット

AGA治療のデメリットとしては、かつらほど、すぐには見た目の変化を得ることが出来ず、3ヶ月~半年ほど、発毛までに治療を続ける必要があるということです。

副作用が起きない様に検査を行い、確実に効果を得ようと思ったら、専門医療機関の監督が必要不可欠ですので、
費用が、毎月15000円~35000円ほど掛かり、毎月3万円の出費だとしても、髪が生えるまでに9万円はかかることになります。

AGA治療のメリットとしては、

生えてくるのが自分の本物の髪の毛であるということと、投薬治療の場合はあくまで自然に自分の体から生えてくる髪の毛なので、周囲から治療をしたことが分かりにくいというところにあります。

かつらを着けている方が悩まれている、蒸れによる強烈な痒みも、自分の髪の毛では感じずに済むということも、大きな利点であると言えます。

 

top_botton2 土・日・祝日もOK
今なら無料カウンセリングが使えます。