1. ホーム
  2. お役立ち
  3. ≫agaの早期治療の重要性について

agaの早期治療の重要性について

ストップウォッチ

二十代から治療をはじめた場合と、四十代から治療をはじめた場合とでは、

AGA治療の効果に大きな差が生じてきます。
その理由は若い人であれば若い人であるほど、頭皮の細胞が活性化されていて髪の毛が再生する力が強力であるためです。
その一方で、年齢を重ねるにつれて、頭皮の細胞が活性化されていないため髪の毛が再生する力が弱まってしまい、なかなか髪の毛が生えてくる効果を得ることができなくなってきてしまいます。

毛母細胞には細胞分裂できる回数に限りがある

髪の毛は毛母細胞という組織が細胞分裂を何度も繰り返し行うことによって生えていきます。
ところが、毛母細胞という組織が細胞分裂をすることができる回数は限りがあり、毛母細胞という組織が細胞分裂をすることができなくなると、その髪の毛は寿命を迎えることになります。

毛胞の萎縮期間と治療の余地

髪の毛
AGAの症状として髪の毛が薄くなってくると、髪の毛が生えてきて、抜け落ちて、また生えてくるという毛周期のサイクルの期間が短縮されます。

毛母細胞が細胞分裂できなくなって髪の毛が寿命を迎えるまでの期間が、AGAを発症していない場合と比較すると非常に短縮されてしまいます。

AGAの症状として髪の毛が薄くなってくると、毛包という髪の毛を成長させる組織が時間の経過に伴って委縮が進みます。

この毛包が萎縮する状態が継続すると、少しずつ毛包は細くて弱い髪の毛にしか成長させることができなくなります。

改善できるかできないかの境目は、30代

三十代後半の人はAGA治療で髪の毛が薄くなっている症状を改善できるかどうかの明暗を分ける年代となっています。

三十代後半に差し掛かると人によりますが、今まではそれ程気にかからなかった薄毛の症状が急に気がかりなる年代になります。

AGA治療により髪の毛が薄くなる症状を改善するには若い人であれば若い人であるほど効果的となります。

また毛母細胞や毛包といった髪の毛の組織の寿命の面でも、三十代から四十代に入る頃の年代は、効果的なAGA治療が施せるかどうかの境目になります。

しかし、この度合いは人によっても異なりますので、一度、お近くのAGAクリニックで無料カウンセリングだけでも受けられておく様にしましょう

 

top_botton2 土・日・祝日もOK
今なら無料カウンセリングが使えます。