大阪・AGA薄毛治療の病院 案内サイトです。

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • 薄毛について相談をしたい
  • 費用がどれくらいかかるのか知りたい
  • どの病院にかかれば良いのか分からない
  • 普通の病院だと恥ずかしい
  • 薄毛治療で失敗したくない

上記の中で1つでも当てはまる場合、当サイトがお役に立てますよ。

当サイトでは、大阪の薄毛治療の病院をランキング形式で紹介しています。

無料カウンセリングもありますので、まずはご自身の薄毛の悩みを相談されてみてください。

薄毛治療はどこで受けるべき?

一般の医療機関ではなく、頭髪治療専門の医療機関で受ける様にしましょう。

一般の頭髪治療の場合

白衣の女性

  • 目的はAGAの進行を遅らせること
  • 血液検査はなし
  • 治療はプロペシア処方のみ
  • 待合室で他の患者に見られるなどプライバシーの面で苦痛を訴える方も多い

一般の頭髪治療では髪の毛を増やすことは出来ません。あくまでAGAの進行を止めることが目的です。また血液検査を行わない為、副作用のリスクを管理することが出来ません。

専門の医療機関

yubi_nurse

  • 目的は発毛、髪の毛を増やすこと
  • 血液検査を実施している
  • 治療の種類が豊富
  • プライバシーが守られるように「名前を呼ばない」「完全個室」などの配慮がされている。

専門の医療機関では、新しく発毛させたり髪の毛の密度を増やすことを目的としています。
また、血液検査を実施している為、副作用についての安全性が高いです。

無料カウンセリングを利用しましょう。

まずは無料カウンセリングから

無料カウンセリングでは誰にも話せない薄毛の悩み相談に乗ってもらうことも出来ます。

発毛までは最低でも3ヶ月~半年間は通うことになるので、まずは無料カウンセリングを受けて、病院やクリニックが自分に合うかどうかをチェックをしておきましょう。
自己判断で間違えた対処をしてしまったり、薄毛の状態が手遅れにならない様に、早めに相談だけでもしておくと良いでしょう。

1位 脇坂クリニック大阪(ヘアメディカルグループ)

月間4000人が来院する、国民的な薄毛治療の専門機関です。

ヘアメディカル大阪

初診料 血液検査 毎月の費用
5000円 初回:5000円
2回目以降3000円
抜け毛治療:11000円~11500円
発毛治療:15000円~32000円

※税抜き

実績

脇坂クリニック大阪はヘアメディカルグループのクリニックです。このヘアメディカルグループは全国に5院ありますがグループ全体で150万人の治療実績があります。

プライバシー

待合室は男女別です。

来院時に渡される番号札によって、「○番の患者様」という呼び出し方をしてもらえます。

脇坂クリニック大阪の特徴

看護士 2000年の開院以来、16年間、薄毛治療を専門に行っています。

大学病院との提携、600パターン以上の処方、月間の来患者数が4000人と関西地区でも薄毛治療の権威と言えます。

患者一人一人に対して最適な治療を行ってもらえます。

来院者が多いですが、完全予約制となっているため長時間待たされることもありません。

無料カウンセリングはこちら

土・日の診察、カウンセリングが可能です。

脇坂クリニック大阪 診療時間の詳細はこちら
脇坂クリニック大阪 アクセスの詳細はこちら

2位 大阪ワイエス美容外科クリニック

患者に合わせたオーダーメイド処方

ヘアジニアス大阪

初診料 血液検査 毎月の費用
3000円 10000円 フィナステリド処方:6000円
オーダーメイド処方:25000円~
返金保証制度あり

※税抜き

実績

4ヶ月時点での薄毛の改善率は98%

プライバシー

完全個室の待合室

大阪ワイエス美容外科クリニックの特徴

看護士 患者一人一人に合わせたオーダーメイド処方が特徴です。負担を抑えたい場合には6000円から治療をはじめることができます。また頭皮に直接成長因子を注入するダーマローラー治療など幅広い治療を行っています。
治療の効果が全く得られない場合には治療費の返金保証があるという点でも安心感がありますね。

無料カウンセリングはこちら

土・日の診察、カウンセリングが可能です。

大阪ワイエス美容外科クリニック 診療時間とアクセスについて

AGAスキンクリニック大阪院(梅田・難波に提携医院あり)

費用面で開始時のハードルが最も低いクリニックです。

AGAスキンクリニック大阪

初診料 血液検査 毎月の費用
5000円 20000円(2回分) プロペシア処方:4200円(初月のみ)
発毛治療:28000円~35000円

※税抜き

実績

全国で40院が拡大中

プライバシー

全室、完全個室

AGAスキンクリニックの特徴

看護士 お薬の処方のみであれば、初月4200円という手軽さが特徴です。しかし、翌月からは6000円~となっています。提携クリニックの数が多いのも特徴で、大阪には梅田・難波にクリニックがあります。

治療をはじめるうえでのハードルが最も低いクリニックです。ただ、発毛を目的としている方にとっては、先に紹介した脇坂クリニックの方がお得と言えますので良く比較をして決められてください。

無料カウンセリングはこちら

土・日の診察、カウンセリングが可能です。

AGAスキンクリニック 大阪梅田院 アクセスと診療時間
AGAスキンクリニック 大阪難波院 アクセスと診療時間

薄毛は時期を逃すと治療が出来なくなります。

薄毛の状態とは、髪の毛が、目に見えないくらい細くなってしまっている状態を指します。

この細くなった毛を再び髪の毛と呼べる太さに再生させすることが、薄毛治療です。

howto_agatiryou

でも、細くなった髪の毛すら無くなってしまうと、この治療を行うことが出来ません。

AGA治療しくみ

 

AGAによる薄毛の場合、放置しておくとそのまま進行してしまいます。
治療の開始時期が遅れてしまうと、治療そのものが不可能になっていまいます。

なので、無料のカウンセリングだけでも早急に受けておく必要性があるのです。

無料カウンセリングは、自分が間違ったケアをしていないかを確認できたり、自分でも気づいていない薄毛の原因に気づくことが出来たりと、最悪の事態を避けるうえでもとても役立ちます。

どの病院に行けば良いのか分からない場合

まずは脇坂クリニック大阪です。

脇坂クリニックは、16年のキャリアと、月間4000名が来院しているという圧倒的な実績と、技術を持っています。

また、脇坂クリニック大阪では、無料カウンセリングのみの受付も行っています。

このクリニックでは、無理な勧誘が無く、治療の必要が無ければその旨を伝えてくれたりと、とにかく良心的なことで有名なクリニックです。

その為、このクリニックの無料カウンセリングを受けてさえいれば、正しい知識が身につき、今後、薄毛に関する悪どい商法で騙されにくくなります。

今後の自分の身を守るためにも、是非一度、脇坂クリニック大阪で無料カウンセリングを受けておいて下さい。

>>脇坂クリニック大阪の無料カウンセリングの詳細

 

ランキングへ戻る

 

 

薄毛治療を行ううえで、避けるべきクリニック

看護士 罰マーク

薄毛治療を行ううえで、当サイトとしては以下の様なクリニックは避けるべきであるという意見を持っています。

  • 費用や副作用について説明がない
  • スタッフの対応が悪い
  • 患者のプライバシーに配慮が無い

AGA治療については発毛までに3ヶ月~半年ほど通う必要があります。

その為、クリニック選びは慎重に行う必要があります。

まず、治療を継続するためにも、費用について、気になることは聞いておきましょう。

また、患者に対するプライバシーについてですが、受付で名前を呼ばれたりすることに対し、精神的な痛みを感じるような場合は継続して通うことが難しいと言えます。

「プライバシーへの配慮が無くても平気」
という方も中にはいるかも知れませんが、少しでも気になる様でしたら治療が続かない原因となってしまいます。

クリニックによって、患者のプライバシーの配慮をしているところと、していないところとがありますのであらかじめチェックをしておきましょう。

資金的にも環境的にも、継続して通うことが出来るのか?

ということに納得した上でクリニックを決める様にしましょう。

無料カウンセリングは実際に現地に行ってみて、地理的にも自分で通えそうかどうかが分かることもメリットと言えます。

薄毛問題で悩むことはおかしなこと?

薄毛で悩む男性

「髪の問題は命に関わることじゃないから」と、世間では軽視されがちですが、実際には営業の際の第一印象結婚という人生の重要なステップが「薄毛の問題」によって危ぶまれているのが現状です。

「気にしなければ良い」と悩みを分からない人は言うでしょうが、
あなたの中で、甚大な問題であることは変わらないのでは無いでしょうか。

日本国内で薄毛に悩む男性は1200万人と言われています。
最近では女性の薄毛問題も深刻化しており、軽んじて良い問題とは言えなくなりました。

薄毛はデリケートな問題である為、通うところを見られることが苦痛に感じたり、
おおっぴらに治療を行うことに抵抗が生まれやすいです。

しかし、通う方の世間体への配慮・メンタルケアまで行き届いていないクリニックがほとんどです。

当サイトのランキングで紹介しているクリニックに関しては
治療の確かな実績に加え、患者の世間体・メンタルへの配慮まで考えております。

当サイトがあなたのお役に立てば幸いでございます。

脇坂クリニック・ワイエス美容外科クリニックの最寄り駅までのアクセス

西梅田駅

脇坂クリニック大阪大阪ワイエス美容外科クリニックの最寄り駅となっている「地下鉄四つ橋線西梅田駅」までの関西国際空港からのアクセスをご案内します。

関西国際空港から、「地下鉄四つ橋線西梅田駅」までのアクセス

路線1

関西空港駅→難波駅 (南海線 ラピートα2号 難波ゆき)約35分 920円

難波駅  →西梅田駅(地下鉄四つ橋線 西梅田ゆき)  約8分 240円

関西国際空港から南海線で難波駅まで行った後、地下鉄四つ橋線に乗り換えて西梅田駅に向かいます。

路線2

関西空港駅→大阪駅 (JR線)約50分  1,550円

大阪駅 →西梅田駅 (徒歩で5.6分)

こちらの場合は関西国際空港から大阪駅まで乗りっぱなしで済むのでお手軽と言えます。

メソセラピーは必要か?

薄毛治療のメソセラピー

投薬のみで発毛が可能な場合、メソセラピーは必ずしも行う必要はありません。

逆にメソセラピーのみで発毛は可能かというと、AGAという男性ホルモン起因の脱毛症の場合は、AGAの原因である5aリダクターゼを抑える必要がある為、メソセラピーを受けながらもプロペシアの服用を並行して進めていることが多いです。

その為、メソセラピーをしなくても投薬で十分な成果を出しているクリニックを選んでおくと、必要な資金の見通しが立ちます。

そういった意味でも、脇坂クリニック大阪の上限が決まっていて、ローンを組ませないという方針は予算の組み立てがしやすく安心感があると言えます。

薄毛治療におけるプライバシー保護について

プライバシーの保護イメージ薄毛治療やAGA治療では、「薄毛を気にするのは男らしくないのではないか?」という思いから、通院することに気恥ずかしさを感じられる方も多いです。

その為、薄毛治療の専門クリニックの中には待合室や受付等でプライバシー・秘密厳守を心がけているところもあります。

例えば、脇坂クリニック大阪では、待合室は男女別、呼び出しは最初に渡してもらえる番号札の番号で呼び出してもらえます。

つまり、患者の個人情報である「名前」を呼ばずに、他の患者さんに分からない様に配慮をしてくれているということです。

大阪ワイエス美容外科クリニックAGAスキンクリニックでは、待合室が完全個室となっています。

「一切誰にも見られたくない」という方にとっては、この2院の方が良いかもしれませんね。

薄毛治療が出来ないケースはあり得るのか?

医師に相談
男性の薄毛治療の場合、主にAGA治療を軸に治療が進められます。

AGA治療はプロペシアミノキシジルでの治療が、唯一、日本皮膚科学会で効果があるものとされています。

そして、一般的なAGA治療は、この2つの薬剤で勧められていくことになります。

そうでなければ、そのクリニックは医学的な根拠の無い治療を行っていることになります。

治療が出来ない場合

まず、プロペシアの場合、2%程度ではありますが副作用が報告されています。
これは事前の血液検査で影響を確認することが出来ますが、この検査の結果如何では、薬の処方が難しくなることがあります。

次にミノキシジルですが、この薬は元々血圧を下げる為の薬として開発されました。
その副作用として多毛症が見られることが分かり、現在では発毛治療薬として使われています。

その為、不整脈・心疾患のある方は処方が出来ないことがあります。

これらの薬品の利用が出来るかどうかについては、無料カウンセリングや診察で確認ができます。

もし、利用が出来ない場合にも、サプリメントや、身体に影響のない治療に切り替えられることで治療は可能です。

該当の病気がある場合でも気を落とさずに、まずは気になるクリニックや病院にて相談をされてみて下さい。

薄毛治療の相場について

費用の相場のイメージ一ヵ月分のプロペシアの処方代金としては、8000円~11000円ほどが相場と言えます。

発毛治療についてはピンきりで、15000円~35000円くらいが相場と言えます。

プロペシアを処方するだけなら、皮膚科など一般のクリニックでも行っています。

しかし、発毛治療は一人一人の原因にマッチさせたものでなければ効果が得られません。

大事なのは、

  • 自分の原因をしっかり調べてくれているか?
  • その原因にあった治療を行ってもらえるか?

ということです。

なので、一概に『プロペシアの値段が安い=良いクリニック』だと決めてしまうのも良くありません。

もし、気になるクリニックが見つかった場合には、まずは無料カウンセリングを受けてみて、以下のポイントをチェックしてみましょう。

  • AGA以外の薄毛の原因を探ってくれるか
  • 血液検査をしてくれているか
  • 治療の説明を丁寧に行ってくれるか
  • スタッフや医師の対応は良いか

『必要なことを、しっかりとやってくれるか』を、上記のポイントを基準に見極めましょう。

 

ランキングへ戻る

育毛剤で効果が出なかった場合でも薄毛治療は可能なのか?

育毛剤を使う男性もちろん可能です。

というより、市販の育毛剤には『発毛』に必要な成分が入っていません。

実は、市販の育毛剤というものは、頭皮の環境を整えることが精一杯なのです。

日本皮膚科学会で唯一認められた、発毛に対しての有効な成分は『ミノキシジル』のみです。このミノキシジルが入っているのは、大正製薬のリアップシリーズだけです。

また、薄毛というものには人それぞれ原因がありますので、

薄毛の原因を調べて、その原因に対処をする』という工程を踏んでいない場合、その人はまだ薄毛の治療という点においては、スタート地点にも立っていないと言っても過言ではありません。

なので、育毛剤で効果が出なかったという方については、まだ治療の余地が残っていますので、治療は可能だといえます。

まずは無料カウンセリングを受けて自分の状況を正しく把握することからはじめてみましょう。

様々な薄毛の原因

様々な薄毛の原因

薄毛の症状の一つに男性ホルモン型の脱毛症が挙げられます。

この脱毛症はAGAと呼ばれている薄毛です。

AGAの仕組み

AGAの仕組みは、遺伝子の影響を受ける事で体内に存在している5α-還元酵素、そして男性ホルモンのテストステロンが結びついて、変換されてしまう強制脱毛ホルモンとも言われているDHTヘアサイクルを乱すことで薄毛が生じると言ったAGAの特徴が在ります。

DHTが強制脱毛ホルモンと言われている理由は、毛髪の毛周期を乱す性質が在るからです。

毛周期の図解
毛周期には成長期休止期退行期と言う3つのサイクルが在り、毛母細胞から誕生した毛と言うのは成長期と言う期間の中で太く長く成長をし、成長が停止する事で休止期に入り、やがて退行期と呼ばれている毛が抜け落ちるサイクルを繰り返します。

この中でも成長期と言うのは髪の毛を成長させるための大切な時期です。

正常の人の毛髪は成長期が5年から7年と言う長期にわたる期間が在りますが、AGAの症状を持つ人はDHTの作用により3ヶ月前後の短い期間で抜けてしまうため、髪の毛が生えて来ても直ぐに抜けると言った事が繰り返されることからも脱毛症の症状が起きると言った特徴が在ります。

参考記事 aga になってしまう理由を解説します。

プロペシアによるAGA治療

薄毛治療では体内酵素の5α-還元酵素を阻害するプロペシアを処方して治療を行います。

プロペシアによって阻害された5α-還元酵素はテストステロンと結合しなくなり、DHTを抑制させる効果を期待する事が出来ます。

薄毛の原因であるDHTの発生をプロペシアで抑制することで、正しい毛周期を取り戻し、途中で抜け落ちてしまうと言った症状を回避させます。

なお、AGA治療のプロペシアは、治療の中のひとつの工程に過ぎないため、『プロペシアを飲めば治る』という考えをしてしまわないようにご注意ください。

AGA以外の薄毛の原因

尚、薄毛治療は医薬品を使って行うだけではなく、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、ストレスを取り除く工夫なども重要な要素となります。

食生活の乱れ

食生活の乱れ

食生活の乱れは頭皮環境を悪化させること、髪の毛への栄養を与える事が出来なくなる事などのデメリットが在ります。

タバコによる、薄毛

タバコの写真

また、タバコは頭皮の血流を悪くすると言ったデメリットが在ります。

タバコを控える事も薄毛治療には重要な要素ですが、精神的に過度な負担がかかる場合には、禁煙がかえって悪影響になってしまうことも考えられます。

その様な場合には、担当医との相談のうえに判断をする様にしましょう。

参考記事>>薄毛対策にタバコは止めるべきか?

睡眠不足による薄毛

睡眠不足のイメージイラスト生活習慣の中でも重要な要素となるのが睡眠不足を無くすことです。

頭皮は日中の紫外線によりダメージを受けていますが、睡眠をしっかりととる事で頭皮のダメージを回復させることができます。

それ以外にも睡眠には、髪の毛を作り出す為の体質を保つ上で非常に重要なものです。

参考記事>>薄毛と睡眠時間の関連性

プロペシアジェネリックについて

ジェネリック医薬品についてAGAの治療においては、いまや欠かす事のできない薬がプロペシアです。

プロペシアは、アメリカの医薬品メーカー、メルク社によって開発された世界で初めての医療の「飲む育毛剤」です。

AGAによる抜け毛を防ぎ、薄毛を食い止めるという効果を持ち、継続して服用することで、効果が高まるといわれています。

しかし、プロペシアを継続して使用していくには費用がかかります。

しかし、国内でも2015年4月に、ファイザー社から、ついにプロペシアのジェネリック薬品が登場しました。

『フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」』と『フィナステリド錠1mg「ファイザー」』がそれぞれ発売されています。

ジェネリック薬品を選ぶ事で、治療にかかる費用が軽減できるという点で、薄毛治療に取り組みやすく、また、継続しやすくなるというメリットがあります。

この「ファイザー」を実際に使用するには、医師の診察と処方が必要であり、服用する際の注意点や副作用などもプロペシアと同じです。

ですので、これからはメルク社(日本での販売元はMSD社)のプロペシアと、ファイザー社のプロペシアから選んで治療を行うことができます。

 

AGA以外の脱毛症について

AGA以外の脱毛症前の画像薄毛治療に関しては、AGA以外の症状についてはそれぞれの症状に合わせて頭皮の状態を改善していかなくてはなりません。

例えば、一般的にAGAの脱毛症と言えば円形脱毛症が挙げられますがこの症状はAGA治療のような薬を利用した方法で治療していくことが難しい症状です。

そのため、円形脱毛症を発祥させている人は必ず病院に行ってどのような治療をすれば良いのかを個別具体的に判断してもらわなくてはいけません。

そもそも、AGAが脱毛症として治療できるのはその症状が男性ホルモンを原因とした発毛阻害物質の働きによるものであるということが解明されているからです。

一方で、円形脱毛症などの他の脱毛症に関してはなぜ脱毛症が発症するのかという具体的な原因が未だに解明されていません。

勘違いをしている人も多いですが、薄毛の脱毛症に関しては確かにストレスが原因で髪の毛が抜けているという一面もあるのですが、それが全てというわけではありませんので確定的に原因を特定できているわけではないのです。

脱毛症ではっきりとした原因を特定できているのはAGAのみなので、薄毛治療をする時にはそれぞれの患者の頭皮の症状に合わせて具体的に検討しなくてはなりません。

ランキングへ戻る